Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2016/05/25

仕上がりは段違い!? 知っておきたいセルフネイルの基本

この記事は約2分4秒で読めます
ネイルサロン帰りの爪は、眺めているだけでうっとりしてしまうもの。せっかくなら、セルフネイルも同じくらいのクオリティでできるようになれたらいいですよね。そこで今回は、マニキュアを綺麗に塗るために知っておきたい、セルフネイルの基本についてご紹介します。
Frau entfernt Nagellack mit Nagellackentferner

まずは爪の汚れを拭き取る

爪の表面に皮脂や細かい汚れが残っていると、凸凹ができ、マニキュアを塗ったときのムラの原因に。まずは、除光液で爪の表面を拭き取ってから、ベースコートを塗るのがポイントです。また、ベースコートは乳白色のものを選ぶと、マニキュアの発色が良く見えます。
Female hands painted nails with red lacquer

一度で爪全体を塗らない

ベースコートが完全に乾いたら、分量を調整しながらマニキュアを筆に取り、爪の根元から爪先に向けて塗っていきます。このとき大切なのが、一度に全体を塗ろうとしないこと。真ん中、左、右と分けて、順に塗るのがポイントです。

また、筆を爪に対して垂直にして塗るのではなく、斜め45度の角度にすることで、筆の跡がつきにくく、ムラのない仕上がりに。濃い色のマニキュアの場合は二度塗りをし、乾いたら、ネイルの持ちを良くするトップコートを塗ります。
Trockenpusten nah

マニキュアは冷やすと早く乾く

ネイルが乾くまでの時間は、指先が汚れたり、マニキュアがヨレたりしないようにと何かと気を使いがち。ですが、急いでいるときは、ドライヤーの冷風をあてたり、氷水に浸けるなど、爪先を冷やすことで早く乾かすことができます。
Female hands with pink manicure applied cosmetic oil on fingers

もしヨレてしまったら

とはいえ、ネイルを乾かしている間に運悪くマニキュアがヨレてしまうことも。そんなときは、手持ちのネイルオイルやハンドクリームをほんの少し指先に取り、ヨレてしまった部分に円を描くように優しく馴染ませることで、ヨレを目立たなくすることができます。
セルフネイルが上手にできるようになると、気分によってネイルの色を気軽に塗り変えることも可能に。お気に入りの色をより美しく見せるためにも、みなさんもぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします