Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2016/03/10

脱・猫背! 代謝アップにもつながるハイヒールでの美しい歩き方

この記事は約2分21秒で読めます
大人の日々のおしゃれに欠かせないハイヒール。春服に合わせて新たな一足が欲しくなる時期ですが、せっかくおしゃれなものを履いても、歩き方がだらしないとその魅力は半減してしまいますよね。そこで今回は、ハイヒールでの美しい歩き方についてご紹介します。
Fashion Show

基本の立ち方

ハイヒールを履くとバランスを取ろうと足元に意識が集中し、気づかないうちに猫背になってしまいがち。モデルのような綺麗な姿勢で歩くために、以下のことを意識してみましょう。

・頭頂部が真上から引っ張られるようなイメージで背筋を伸ばす
・脚の内側をぴたりとくっつけ、膝を外側へ向ける
・へその下やお尻に力を入れ、きゅっと締める
Fashion Show, A Catwalk Event

歩くときはつま先から降ろすのがポイント

実際に歩くときは、基本の立ち方を意識しながら、以下のことを意識してみましょう。

・膝は曲げずに、もう片方の膝の内側を擦るように前に出す
・地面にはつま先から先に降ろし、足は後からついてくるイメージで歩く
・視線は常に真っすぐ前を向き、頭の位置が一定になるように歩く

普段スニーカーなどで歩くときはかかとから地面に降ろすため、最初はつま先から降ろすことに慣れないかもしれませんが、つま先から降ろすことで足首に負担がかかりにくくなるだけでなく、ヒールが地面に当たるときのカツカツ音を軽減することができます。
Woman choosing shoes

歩きやすいハイヒール選びも大切

ハイヒールで美しく歩くには、歩きやすい一足を選ぶのも大切。脚を一番綺麗に見せてくれるヒールの高さは7cmだと言われていますが、足に合わないものを履くとヒール疲れで歩き方が崩れてしまいます。

そこでハイヒールを選ぶ際に注意したいのは、歩くときにきちんと重心移動ができ、靴底と足が密着するかどうか。ヒール初心者の場合は、足と密着して安定性を確保できるストラップタイプがおすすめです。また、ヒール慣れしていないうちは、バランスの取りづらいピンヒールは避ける方が無難です。
ハイヒールでの正しい歩き方を身につければ、スタイルが良く見えるだけでなく、正しい姿勢を取るために筋肉がつき、代謝アップにもつながるというメリットがあります。ハイヒールを履く機会がある人は、ぜひご紹介した歩き方を身につけるようにしてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします