Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2015/11/16

【悩める女性必見】ブツブツ毛穴を解消する脱毛方法とは

【悩める女性必見】ブツブツ毛穴を解消する脱毛方法とは


女性の身だしなみケアとして、日々のムダ毛処理は欠かすことができません。
しかし、ムダ毛を処理していても、毛穴がボツボツと目立ってしまうので肌を出すことができないという方も多いのではないでしょうか?
毛穴のブツブツを作らない脱毛方法を知り、キレイな素足を手に入れましょう!


種類がある? 脱毛と毛穴のブツブツの関係

脱毛が原因で起こるブツブツは、大きく分けて3つの種類があります。

1つめは、毛穴が開き処理しきれなかったムダ毛が見えているブツブツ。
カミソリや毛抜きなどのセルフ脱毛はもちろん、エステなどの脱毛も永久脱毛というわけではありません。
つまり、皮膚の表面にはムダ毛が無くても、その根元の部分は皮膚の中に残っているのです。
定期的にムダ毛処理をしていると、肌は角質層が傷つけられたり乾燥したりと刺激を受けて、毛穴が開いたり皮膚が硬くなってしまいます。
肌質が低下することで、脱毛をした後でも肌に残っているムダ毛が見えてしまうのです。

そして2つめは、埋没毛や色素沈着などの肌トラブルによるブツブツです。
脱毛は少なからず肌に負担をかけるので、体調が優れないときやアフターケアが充分に行われないと、肌表面が乾燥してウイルスなどの刺激を受けやすくなります。
埋没毛は炎症により皮膚が塞がってしまうことが原因で、色素沈着は皮膚表面をカミソリなどの刺激から肌を守ろうとメラニンが大量に生成してしまうことが原因です。

最後に、肌が炎症を起こしていると赤いブツブツができてしまいます。
逆剃りなどをすると、肌の表面が傷つけられて肌バリアが弱まり、湿疹やニキビ、小さなブツブツなどの炎症を発症します。
メイク前にソープを使わずに顔の産毛処理をしたり、足や腕などを何度も逆剃りをすることで、乾燥肌や皮脂の過剰分泌に繋がり炎症を起こしてしまうのです。

毛穴のブツブツを解消する脱毛方法

【悩める女性必見】ブツブツ毛穴を解消する脱毛方法とは

・周期に合わせて脱毛する
ムダ毛はパーツによって生えるスピードが違います。
どの部分が早いのか、遅いのか、自分のムダ毛が生えるスピードを理解して、パーツごとのに脱毛のペースを変えましょう。

・カミソリ脱毛は皮膚をいたわることが重要
セルフ脱毛での注意点は、逆剃りや深剃りなどの肌表面を刺激する処理方法をさけることです。
処理をする際は毛の流れに沿って丁寧に剃ることを意識し、できるだけ一度で処理を済ませましょう。
保湿成分のあるボディソープを使うなど、できるだけ肌を乾燥させないようにしてください。
また、切れ味のいい刃を使うと肌への負担も軽減できるので、カミソリは1ヶ月交換周期で交換するといいでしょう。

・アフターケアではマッサージを
セルフ脱毛の後は、保湿だけでアフターケアを済ませてしまう人も多いです。
しかし、肌のダメージを回復するには、栄養の行き届きやすい肌状態をキープすることが欠かせません。
保湿剤を塗るときは、一緒に肌を揉みほぐすマッサージを行いましょう。
肌のボツボツが酷く残っている場合は、サロンなどでの施術を断られてしまうこともあります。
後々になって後悔しないためにも、しっかりとケアをしましょう。

セルフ脱毛は、肌に大きな負担をかけます。
肌の健康を保つためには、その負担がかかる時間を減らすのが一番効果的でしょう。
ブツブツ毛穴を解消するためにも、肌をいたわりながら脱毛を行ってください。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします