Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2015/09/01

心をほぐしに出かけたい、日本初のBIOホテル

この記事は約2分23秒で読めます
スーパーフードやインナービューティなど、健康を考えた自然食品への関心が高まる昨今、みなさんも一度は「BIO(ビオ)」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。今回はそんな健康志向の方におすすめの宿「カミツレの宿 八寿恵荘」をご紹介します。
オーガニック野菜

そもそもBIOって?

無農薬農法や有機栽培を表し、ヨーロッパではオーガニックの意味を持つBIO(ビオロジックの略)。巷でもBIO食品をよく見かけるようになりましたが、BIOと語るには栽培法や飼育の観点から細かな審査をクリアし、合格と認められなければなりません。つまり選ばれし農作物や家畜、加工品だけが安全なBIO食品と認定されるのです。
外観

出典:https://www.facebook.com/yasuesou/photos_stream

日本初のBIOホテル誕生

また、オーストリアにはこのBIOのコンセプトをホテルにあてはめた「ビオホテル協会」が存在し、提供する飲食物やコスメ、タオル、はたまた建物自体にまで自然素材にこだわったホテルのみがBIOホテルとして認証されています。そして実はここ日本の長野県にも日本初のBIOホテルとして認められた宿があるのです。その名も「カミツレの宿 八寿恵荘」。
カモミール

カモミールに包まれる宿

宿のある「カミツレの里」は、5月中旬から6月上旬にかけて広大な敷地にハーブの一種、カモミール(和名:カミツレ)が咲き誇る自然豊かな土地。そんなカモミールの優しい香りに包まれた八寿恵荘は地元の天然木を使って建てられており、一歩足を踏み入れればその風合いや香りに安らぎを感じることができます。そしてもちろん宿が提供するせっけん類やコスメ、タオルなどの備品も全て自然素材。
食事

出典:https://www.facebook.com/yasuesou/photos_stream

こだわりの食事を堪能

また、宿で味わえる食事もとことん素材にこだわったもの。当然化学調味料や添加物を一切使わず、BIOの認定を受けた野菜や肉、魚などの選び抜いた食材を使用しており、素材の持つ美味しさを活かした味付けは心まで穏やかに。宿のなかには共有のミニキッチンがあり、農業体験で収穫した野菜を自分で調理することもできるのだとか。
info
カミツレの宿 八寿恵荘
住所:〒399-8604長野県北安曇郡池田町広津4098

このほか、カモミールから抽出したエキスが溶け込んだ琥珀色の「華密恋の湯」も人気の理由の一つ。みなさんも日々の疲れが溜まったときは八寿恵荘を訪れ、カモミールの優しさに癒されてみては。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします