Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2015/04/29

【“華”を出すにはお肌から!】lampヘアメイク特集

あなたが自分を嫌いでも、メイクの力を借りれば弱点を隠せる。それを魅力にだって変えられる。「キレイになりたい」「可愛くなりたい」女の子の悩みは尽きないけれど、プロにかかればどんなわがままだって叶えてくれるはず!

このコーナーでは、ヘアメイクアーティストとして活躍する岩下倫之さんに、みなさんが抱える悩みをメイクの力で解決してもらっちゃいます。

今回、悩みを相談してくれたのは、「エレン」さん。

_DSC2760

専門学校を卒業後、編集の仕事に就いたエレンさんですが、すぐに退職。それから色んな仕事をしたけれど、やっぱり編集の仕事がしたい!と、この春からまた編集の仕事に戻った女の子です。

岩下以下岩:今日はよろしくお願いします。いきなりですが、今日はどう変身したいですか?

山中以下山:えーっと、私は顔に華がないのが悩みなので、明るく見せられるようになりたいです。

岩:なるほど。「華」ですか……。


_DSC2747


山:少し黙っているだけで「怒ってるの?」と、よく聞かれてしまうんです。

岩:ってことは、みんなに好かれる雰囲気にしたいんだ?

山:そうですね、明るめの色を使って、パッとした印象になる方法を勉強したいです。でも、いつもあまり鏡も見ないし、自分に自信がないんです……。

岩:よーし、決めました! 今日は基本のメイクを徹底的に教えましょう!

基本のメイク道具、ずらり

基本のメイク道具、ずらり



ということで、施術開始です。


まずは、お肌チェックから


_DSC2766

人の顔の大部分を占めているのは「肌」。「若々しい」「血色がよい」など、人間の印象を左右します。
顔を見るときに目が行きがちなパーツには目元、口元などありますが、今回はラインやシャドーよりは、「肌」でキレイに見せるという基本に忠実なメイクをします。

_DSC2782

大切なのは「水分」と「油分」


さて、肌作りで大切なのは「水分」と「油分」のコントロール。自分の肌質を理解した上で、水と油のどちらがどれだけ不足しているかを把握して、肌の内側までしっかりとそれを浸透させてあげるのが重要です。

このとき、メイクの前に水か油の足りない方をしっかりと浸透させるように、血行が良くなるまでマッサージするのがポイント。肌が手に吸い付くまでマッサージしましょう。

_DSC2790

まず、これだけでファンデーションのノリが全然違います。肌を触っただけで、いつもの自分との違いに気付くはず。

_DSC2816

仕上げはファンデーション


さて、次はファンデーションの選び方です。

パウダーファンデーションは、扱いが簡単ですが、ドライ肌には向きません。一方、クリームファンデーションは肌にしっかり馴染むけど、ちょっと重たく見えがちです。

_DSC2819

今回は乾燥肌のエレンさんをフレッシュに見せたいので、保湿効果のあるちょっとクリーミーなリキッドファンデーションをオン。

_DSC2840

肌がキレイに仕上がれば、とびきりのシャドーやアイラインが引けなくても、素敵な女の子に見えるのです。

Before_After3

岩:良いと思ったことを世の中に伝える編集の仕事をするのであれば、まずは鏡を見て、自分自身の新しい一面に気づくのも良いかもしれませんよ。

山:ありがとうございます。鏡、見るようにしますね。

_DSC3016

_DSC3049

_DSC3133

“華がある”とは、具体的にどのようなことでしょうか。それはおそらく、振り返ったときの表情がすごく元気だとか、笑顔が弾けるようだとかで、周りの空気をパッと明るくすることです。

メイクをすることによって、外側はいくらでも変えることができる。でも、それだけではダメ。素敵な女性だと思われるためには、内側からキレイにならなくちゃ。


_DSC2905

この仏頂面が




_DSC3208

こうなるんです




鏡の中の自分にちゃんと向き合って、今自分が人からどのように見られているかを確認してみましょう。

「あれ、私のここ、いいじゃん!」と、思ってそこに磨きをかけるのもよし、「もっとキレイになりたい!」と思って変化するのもよし。その過程で少しずつ自分に自信を持ち、ピカピカ輝く魅力を掘り出せるのです。

メイクは直接的にあなたを変えるものではありませんが、悩みを小さくしたり、魅力を大きくしてくれるお手伝いができるのです。

_DSC3215

「あんな自分になりたい」「こんな自分がイヤだ」そうお悩みの方は、ぜひ一歩を踏み出して、lamp編集部にご相談ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「わたしも変わりたい!」という方は、どんなことに悩んでいるのか、どうなりたいのか、などをこちらからご連絡ください。

lamp編集部お問い合わせフォーム
お待ちしています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします