Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2014/10/24

KALDI好きによるKALDI好きのための記事〜杏仁豆腐編〜

KALDIが好きだ。
パッと見、どんな味なのかわからないような輸入食品が大量に陳列されている、KALDIが好きだ。
店内に入ると笑顔でコーヒーをくれるお姉さんがいるKALDIが好きだ。(持ったまま店内を走ったりすると危険です)


KALDIとは、都内に300店舗以上あるコーヒーショップ。正式名称は、「KALDI COFFEE FARM」
カフェではなく、主にコーヒー豆を取り扱っている輸入食品のショップなので間違えないように。
お店のスタッフさんは98%が女性と、これまた高ポイント。
(※KALDIを知らない方のための説明文です)

そんなKALDIは、「ポロショコラ」というチョコレートケーキが美味しいことで有名ですよね。
トッピング等の工夫をすれば、銀座の高級ケーキ屋さんで買って来たと言っても過言ではないほどの美味しさ。

_DSC0592

なんと、All aboutさんのランキングでも一位を取っています。さすがポロショコラさん。

361円というお値段もさすが

361円というお値段もさすが



と、改めてランキングを見ていると……。

スクリーンショット 2014-10-24 15.15.16

……あれ……? 

このランキング、どこかおかしいと思いませんか……?(KALDIフリークならわかるはず)


そう、KALDIで買うべきものの代表格であるはずの「杏仁豆腐」がランクインしていないのです。(ベスト10にさかのぼっても無い!)
「ぷるぷるとろりんなめらかあんにん」の杏仁豆腐がない!!!!

KALDIの良さをみなさんと分かち合おうと思っていたのに、「KALDIで見つけた感動のグルメベスト10」に、杏仁豆腐がないなんて……!
色々考えた結果、そうだ。それなら私が杏仁豆腐の素晴らしさを伝えればいいんだ。
なんだ、簡単なことじゃないか。と、気付いてしまいました。

近くのKALDIで買って来た


_DSC0606

いてもたってもいられなくなった私は、すぐさま自転車に乗って阿佐ヶ谷のKALDIまで買いに行って来ました。
これが、通称「パンダ杏仁豆腐」。
まず特徴的なのは、よくコンビニ等で売っている野菜ジュースと同じ200mlの紙パック容器に入っているということ。

よく見ると、あんにんとうふ

よく見ると、あんにんとうふ


パンダ杏仁豆腐は、食べ方も独特。
裏面の注意書きを見ると、そのまま冷やして食べるパターンの他にも、鍋に入れて加熱し、液状化させたものを好みのカップに入れて冷やし固めるなど、様々なバリエーションがあります。

_DSC0626

面倒くさがりのあなたには、スプーンを入れて食べるのがオススメ。
私はいつも、スプーン派です。

_DSC0619

んまい!!
一体なにが美味いのかというと、正直文章だけでは表現しづらいところでもあります。
ただ私はライターとしてこの文章を書いています。ライターたるもの、しっかりと文字で皆様にその美味しさをお伝えしてみせます。
「んなこと期待してないよ。味は自分で確かめる」という人は以下の文章は読まず、近くのKALDIに急ぎましょう。

パンダ杏仁豆腐の美味しさについて


このような可愛らしいパッケージだと、子供だましの杏仁豆腐かよ! と、思わず突っ込みたくなる杏仁豆腐が出てくるような印象があるかもしれませんが、パンダ杏仁豆腐は違います。
舌触りはぷるぷるで、ほどよくむっちりとした食感。「ぷるぷるとろりんなめらかあんにん」と、その名の通りなのですが、個人的には「ぷるぷるとろりんむっちりあんにん」に改名してしまいたいと思っています。理想の杏仁豆腐を追い求めて25年。高円寺の中華料理屋、台湾、韓国と渡り歩きましたが、そう簡単には自分の理想に出会うことは出来ませんでした。どうしても、「柔らかすぎて液状だ」「堅いし味も薄いし、何を食べているかわからない」などの理由で、杏仁豆腐を食べても幸せな気持ちになることが出来なかったのです。
思い起こせば3年前。知人の勧めで初めてパンダ杏仁豆腐を食べました。「どうせまた私の期待を裏切るのだろう……」と、思いながらも、一口食べた途端、そう、世界が変わったのです。杏仁豆腐で世界が変わる? ええ、そうなんです。私の心は杏仁豆腐の魔法にかかりました。その一件の後、私はどこかに出かけるとスマホで「KALDI 〇〇(街の名前)」と検索し、近くのKALDIを探しては杏仁豆腐を買い求める日々が続きました。(パンダ中毒になりました)吉祥寺に行ったら井の頭公園で杏仁豆腐、下北沢に行ったら一番街で杏仁豆腐、大阪に旅行をしに行っても、御堂筋を歩きながら杏仁豆腐を食べていました。結果として、杏仁豆腐を教えてくれた知人という名の元恋人は私の元から去っていきましたが、私の心には美味しい美味しいパンダ杏仁が存在しています。何もさみしくありません。本当です。


ちなみに、今回の記事のために約3年ぶりにパンダ杏仁豆腐を食べました。
久しぶりに食べた杏仁豆腐は、まるで私のカチカチに固まった頭も緩やか〜にしてくれるような、素敵な味でした。
KALDIでは杏仁豆腐やチョコレートケーキの他にも、様々な美味しい食べ物を取り扱っています。
輸入食品が多いので、ちょっとした海外旅行の気分が味わえますし、海外旅行にいったけどうっかり会社用のお土産を買い忘れた……なんて時にも重宝します。

皆さんも、是非KALDIに行ってみて下さい!
そして杏仁豆腐を食べて下さい!
あの異世界に迷い込んだようなトキメキを……みなさんにも感じて欲しいと願っております。



※当編集部はKALDIとはなんの関係もございません。ライターのKALDI好きをこじらせた文章になっております。

[ライター・カメラ/長橋諒]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします