Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2016/07/02

脱毛後の入浴はいつから可能なの?

脱毛後の入浴はいつから可能なの?

脱毛後はさまざまな刺激を避けることが大事になりますが、なかでも気になってくるのはお風呂の問題です。
女性にとって入浴は大事なものですし、衛生面だけではなくリラックスや疲労回復としても大事なものです。
そこで脱毛後の入浴の際の注意点をまとめてみました。



なぜ脱毛後には入浴が禁止なのか?

脱毛後の肌は非常に敏感になっています。
フラッシュ脱毛もそうですが、美容皮膚科などの針を使ったニードル脱毛の場合も例外ではありません。
ニードルは毛穴の中に鍼を入れるものなので、雑菌が毛穴の奥に入ることを防ぐためにも入浴を5日ほど禁止しているところが多いです。
またフラッシュ脱毛では、入浴によって体が温まることで肌への刺激が大きくなってしまうので、当日の入浴は控えてシャワーなどで2日前後過ごすことを推奨しているところが多いです。


脱毛後の入浴はいつから可能なの?




体を洗う際の注意点は?

脱毛後の肌は乾燥しやすい状態なので、ナイロンタオルなどで強めにこすり洗いなどは厳禁になります。これは肌の表面への刺激だけではなく保水などをしてくれる必要な角質層まではがしてしまうことにも繋がり、より乾燥状態を悪化させてしまう可能性も大きく出てしまいます。
体を洗う際には、柔らかめのスポンジやタオルの使用、石鹸やボディーソープなども普段よりも少し量を減らして使用しておくと良いでしょう。





脱毛後に大事なこと

脱毛後の肌はとってもデリケートになっています。
普段ならば気にならないようなものでも赤くなってしまったり、かぶれてしまうこともあります。入浴は体全体を暖めて血行を良くすることで、肌への熱刺激などを生み出してしまうことが多いため、控えることが大切です。

ニードル脱毛の場合は3~5日は、入浴を控えてシャワーで軽く汚れや汗を流す程度にしておくようにしましょう。
脱毛は長期間にわたることも多いので、脱毛後の流れを把握して自分にとってストレスのない入浴方法を見つけていくことも大事です。
特に夏場の脱毛や冬場の脱毛はお風呂に入ってすっきりしたい、温まりたいという気持ちもあるでしょう。
ただ「1回の我慢で肌の状態を守れる」と考えるようにすることで、肌を休ませることに繋がります。

また入浴だけでなく夏場ならプールや海水浴、通年では血行を良くして体温アップが期待できる運動も避けた方が賢明です。せっかくキレイな肌となっても、刺激を与えてしまうと逆効果になってしまうでしょう。
脱毛後を見据えたスケージュールを上手に組んで、少しでもストレスとならないような工夫をしてくださいね。






この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします