Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2016/06/19

脱毛中に日焼けはNG! 日焼けによる危険性とケア方法

脱毛中に日焼けはNG! 日焼けによる危険性とケア方法

最近では脱毛も珍しくなくなり、若い女性を中心に脱毛に通う人が増えてきました。
脱毛中はいくつか注意点がありますが、そのひとつに日焼けがあります。
なぜ脱毛中は日焼けをしてはいけないのでしょうか?
日焼けによる危険性とケア方法を紹介します。



脱毛と日焼けの関係

脱毛をする上で、注意事項のひとつに「日焼けをしないように」とあります。
日焼けがNGと言われるのは、脱毛の仕組みと大きく関係があるからです。
エステなどで受けられる脱毛は、メラニンなどの黒い色素に反応する特殊な光を使うことで毛根を破壊しています。
脱毛前に日焼けをしてしまうと、ムダ毛だけでなく日に焼けた肌にも光が反応してしまうのです。
そうすると火傷や炎症、赤みやかゆみなどの肌トラブルの原因となってしまいます。
ムダ毛以外のところに光が当たってしまうことで、充分な脱毛効果を得られないこともあるので注意しましょう。
予定通りの期間で脱毛が完了しなかった、ということもありますのでしっかりケアをする必要があります。




脱毛後も日焼けはNG

脱毛の前だけでなく、脱毛後も日焼けはNGです。
施術を受けたあとの肌はいつもよりも敏感になっているため、紫外線は大きな刺激となります。
特に夏は紫外線の量も多く、日焼けしやすい環境にありますのでより注意する必要があります。
また、冬は肌を露出する機会が減るために紫外線対策を怠りがちですが、冬であっても紫外線は降り注いでいるので注意が必要です。
施術部位だけでなく、露出しているところから紫外線を吸収していますので、手や首などにも日焼け止めを塗ることをおすすめします。



脱毛中に日焼けはNG! 日焼けによる危険性とケア方法




うっかり日焼けをしてしまったら

しっかりケアをしていても、うっかり日焼けをしてしまうこともあるでしょう。
そんなときは慌てずに、適切なケアを行いましょう。
まずは日焼けしたところにほてりがないかチェックしてください。
赤みがあったり、ほてりが引かない場合はローションなどでクールダウンします。
ほてりが強い場合は、保冷剤などを布の上から肌にあてましょう。肌をしっかり冷やしてあげることで改善することもあります。
また、一度ほてりが落ち着いたとしても、お風呂などで体が温まることで再びほてってしまうこともあります。
湯船につかる場合は、ぬるめの温度に設定して短時間で済ませるようにしましょう。

脱毛サロンに通うなら、比較的日焼け対策が簡単な秋以降の寒い時期からスタートするのがおすすめです。
肌の露出が減れば紫外線対策をする範囲も減ります。
もし日焼けをしたとしても、夏のように真っ赤になったり水ぶくれになるほどの日焼けをすることは少ないです。
「これから脱毛を始めたい」と考えている人は、この冬から脱毛をスタートしてみてはいかがでしょうか?
日焼けの恐れもあまりなく夏頃には通う回数も減っているので、安心して夏を過ごせますよ。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします