Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2016/05/24

暑さを上手に乗り切ろう! 夏バテ対策に取り入れたいハーブ4選

この記事は約1分51秒で読めます
日中の気温が上がり、バテやすくなってくるこれからの季節。ついつい冷たい飲み物に手が伸びてしまいますが、体の冷えや疲れを放置するとさらなる夏バテを呼び、悪循環になることも。そこで今回は、夏を上手に乗り切るために取り入れたいハーブと、その効果をご紹介します。
Hibiscus infusion

ハイビスカス

夏を象徴する花、ハイビスカスには、疲労回復効果のあるクエン酸がたっぷり。夏バテで身体のだるさを感じるときに最適です。また、利尿作用によるデトックス効果があるほか、赤い色素であるアントシアニンは眼精疲労にも有効。ハーブティーは爽やかな酸味が特徴で、ペパーミントとブレンドすると飲みやすくなります。
lemon grass hot tea

レモングラス

トムヤムクンに使われるハーブでお馴染みのレモングラスは、爽やかなシトラスの風味が特徴。集中力向上効果のほか、消化促進作用があり、胃腸に優しいため、食欲低下を感じたときにおすすめです。ハーブティーはすっきりとした飲み心地が特徴です。
Elderberry flower drink with sliced lemon

エルダーフラワー

クーラーによる冷えや風邪の予防、あせも、しっしん、アレルギーの緩和に加え、デトックス効果、うつ病・不安症状の改善効果も期待できるなど、万能薬のようなパワーを持つエルダーフラワー。ハーブティーはえぐみもなく、マスカットのような爽やかな甘みが特徴です。
Rosehip drink with fresh berries in a glass cup

ローズヒップ

美容効果の高さでも知られるローズヒップには、天然のビタミンCがとにかく豊富に含まれており、メラニン色素の生成を防いでくれるので、夏の紫外線対策に効果的。疲労回復や風邪予防効果もあるので、疲れを感じるときに飲むハーブティーとしてもおすすめです。
豊かな香りで私たちを癒してくれるハーブの数々。冷たいものが欲しくなる夏こそ、温かいハーブティーとして飲むことで、発汗作用や代謝向上などの効果も期待できそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします