Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2016/05/15

ムダ毛処理で「色素沈着」した毛穴のケア方法とは?

ムダ毛処理で「色素沈着」した毛穴のケア方法とは?

毛がなくてツルツルの手足やワキは女性にとって憧れですよね。
ムダ毛処理は多くの女性が行っていると思いますが、間違った方法での処理を続けていると「色素沈着」を起こしてしまうことがあります。
キレイな肌を手に入れるためにムダ毛処理をしていたのに、それが原因でブツブツと肌が黒ずんでしまっては悲しいですよね。
誰もが憧れるツルツル肌を手に入れるためには、正しい自己処理方法でケアをすることが大切です。自己処理による色素沈着を起こさないムダ毛処理方法をご紹介いたします。




ムダ毛処理による毛穴の「色素沈着」が起こってしまう原因とは?

手軽にキレイになるので、カミソリを使ってムダ毛処理をしているという女性は多くいるとおもいますが、実は意外と肌に負担がかかっているとご存知でしょうか。

カミソリで毛を剃ると、皮膚まで一緒に削り落とされてしまっているのです。これによって肌の潤いやバリア機能が低下して、肌の乾燥を引き起こしてしまいます。
また、肌へ小さな傷をつけてしまっているので炎症を起こしてしまったり、ニキビの原因となったりと肌トラブルを招くこともあるのです。
肌が炎症を起こすと、ニキビや肌荒れの原因となってその傷が跡となり「色素沈着」として肌に残ってしまうことがあります。

また、カミソリで繰り返し肌にダメージを与えることで、肌は自分を守ろうとしてメラニン色素を発生させます。これは、紫外線を浴びたときの日焼けと同じ原理です。
肌を守るために発生したメラニン色素は、繰り返されるムダ毛処理によって蓄積されて肌の黒ずみとなって残ってしまいます。
これが、ムダ毛処理による「色素沈着」の大きな原因です。




ちょっと待って!「毛抜き」を使った自己処理はキケン!?

ワキの下やデリケートゾーンなど、狭い範囲のムダ毛処理を行うときに便利な「毛抜き」は、カミソリに比べて次に毛が生えてくるまでの期間も長いため、愛用しているという方も多いのではないでしょうか。
抜いたときの感覚がクセになると、ちょっとした合間についつい毛を抜いてしまうということもありますが、実は「毛抜き」によるムダ毛処理は、肌へとても大きなダメージを与えてしまうのです。

これはカミソリでの処理のときと同じメラニン色素が関係してきます。
毛抜きを使って無理やり毛を引きぬくことで、毛穴には大きなダメージがかかりメラニン色素が発生するのです。そして結果的に色素沈着へとつながってしまいます。

また、毛抜きを使った自己処理は「埋没毛」を引き起こすことがあります。
毛抜きによる処理が失敗すると、皮膚の下に毛が潜り込んで黒くブツブツと見えてしまうことがあると思いますが、これは毛穴がふさがって毛が外へ出られない状態になっているのです。
この埋没毛を抜こうとして皮膚をほじってしまうと、皮膚に傷がついて色素沈着を起こしてしまいます。



ムダ毛処理で「色素沈着」した毛穴のケア方法とは?




毛穴の「色素沈着」の対策方法とは?

気になる毛穴の色素沈着は「正しいムダ毛処理」を徹底すること、「保湿」によって肌のターンオーバーを整えることが大切です。

肌にダメージを与えないためにシェービングクリームを使って優しく毛を剃るようにしましょう。同じところを何度も剃らない、頻繁なムダ毛処理は避けるなどの肌をいたわることを常に心掛けるようにしてください。

さらに、自己処理後や普段のお風呂上りにも肌の保湿はマストです。
ボディークリームなどで肌に潤いをチャージしてあげましょう。また、肌に透明感を与えてくれるスキンケアローションなどでケアをするのも効果的です。

毛穴の色素沈着は肌をくすんで見せたり、肌年齢を上げてしまったりする原因となります。
正しいケアと自己処理方法で自分の肌を守っていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします