Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2016/04/22

マヨネーズはおいしくヘルシーに! 低カロリーで話題の「豆乳マヨネーズ」って?

この記事は約2分8秒で読めます
日々の料理で何かと使うことの多いマヨネーズ。でも一方で、マヨネーズのカロリーが気になって後ろめたさを感じてしまう女性も多いのではないでしょうか。そこで今回は、低カロリーかつ、コレステロールオフで話題の豆乳マヨネーズについてご紹介します。
Fotolia_75417458_S_copyright

カロリーが気になるのが難点…

クリーミーでコクのある味わいが魅力のマヨネーズ。サラダに使ったり、パンに塗ったり、タルタルソースとして使ったりと、何かと使う機会が多いですよね。

とはいえ、マヨネーズは油と卵からできているためカロリーが高く、ダイエット中の女性や健康を気にする女性にとっては躊躇してしまうのではないでしょうか。
Fotolia_83961797_S_copyright

豆乳マヨネーズとは

そこでおすすめなのが豆乳マヨネーズ。豆乳マヨネーズはその名の通り、卵の代わりに豆乳を使用するため、コレステロールがゼロであったり、カロリーも低くおさえられたりと、健康的なマヨネーズなのです。
Fotolia_45076355_S_copyright

作り方はとっても簡単

豆乳マヨネーズは材料もシンプルで、作り方もとっても簡単。
無調整の豆乳(50ml)、油(100ml)、酢(15ml)、塩(少々)を、ミキサーや泡立て器でもったりとした質感になるまで混ぜるだけで完成します。油はサラダ油ではなくオリーブオイル、酢はリンゴ酢などを使うのも◎。できあがったマヨネーズは空き瓶などに詰めて冷蔵庫で保存しましょう。
Fotolia_103990304_S_copyright

日々の料理に活用しよう

低カロリーながらマヨネーズならではのクリーミーさをきちんと感じられる豆乳マヨネーズなら、料理にもたくさん活用することができます。

温野菜のディップやポテトサラダに使うもよし、玉ねぎやピクルスのみじん切りと混ぜてタルタルソースにするもよし。チキン南蛮やお好み焼きのような高カロリーな料理を食べたくなったときも、豆乳マヨネーズを使えばいつもよりも低カロリーにおさえられるはず。
豆乳マヨネーズは、卵アレルギーの人や、ベジタリアン、ヴィーガンの人にもおすすめ。カロリーを気にせず、おいしくマヨネーズを楽しみたい女性はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします