Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2016/02/18

ベーシックだけど今っぽい! 一枚は持っておきたいビッグサイズシャツ

この記事は約1分32秒で読めます
ビジネスシーンでもプライベートでも大活躍のシャツ。ベーシックなアイテムだからこそ、素材や形にこだわりたいですよね。今回は、シンプルなのにコーディネートがぐんと今っぽくなるビッグサイズシャツをご紹介します。
Girl in shawl

ゆるさがおしゃれ

シャツといえば、職場にも着ていくことができるくらい、きちんとした印象の強いアイテムです。しかし、丈が長くゆったりとしたシルエットのビッグサイズシャツなら、堅いイメージになり過ぎることなくこなれ感を出すことができます。
fashion portrait of beautiful woman in trendy sunglasses and sui

「襟抜き」で女らしく

ゆるさがポイントのため、着こなし方によってはだらしなく見えてしまうことも 。そこで、メリハリをつけるため「襟抜き」を必ずしましょう。「襟抜き」とは、着物を着る時に使うテクニック。シャツの場合は、ボタンを胸元ギリギリまで開け、うなじが見えるように襟部分を後ろに引くことでルーズな中にフェミニンさがプラスされます。
Young fashion business woman standing beside her car

前の裾だけタックインする

襟抜きをしたら、前の裾だけボトムスにインをしてサイドから後ろは自然におろした状態にしておきましょう。こうすることで、シンプルなコーディネートが垢抜けたものとなります。長袖のシャツの場合は七分丈程度の長さまでめくりあげるのも忘れずに。

シンプルなアイテムだからこそ着こなし方で差がつくビッグサイズシャツは、きれいめパンツやタイトスカートなどのコンサバアイテムとの相性が良いので、オフィススタイルなどに取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします