Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2016/03/26

究極のデリケートゾーン「Iライン」を医療脱毛するメリット

究極のデリケートゾーン「Iライン」を医療脱毛するメリット

近年多くの女性から注目を集めている美容法に「全身脱毛」があります。
脱毛を行う専門施設もすっかり数が増えましたが、永久的に効果が持続するタイプは「医療脱毛」のみです。
レーザー機器を使用するために医師が所属するクリニックでしかその施術は受けられません。
脱毛サロンの中には「永久的な効果」を謳っている施設もあるにはありますが、事実とは異なると思っていいでしょう。サロンで使用されるフラッシュ脱毛機器の場合は、早ければ数年後には無駄毛が復活します。

確実にメリットが大きな「医療脱毛」ではあっても、いざ実施に踏み切るとなると多くの女性が二の足を踏むことになるでしょう。というのも、脱毛サロンに比較して料金設定が高めな点、レーザー照射に痛みが伴う点が躊躇の有力な原因です。
費用や痛みの問題を考慮してなお魅力を失わない、医療脱毛のメリットがどこにあるのか。
女性にとって究極のデリケートゾーンである「Iライン」の医療脱毛を経験した女性たちの声から考えてみませんか?

究極のデリケートゾーン「Iライン」を医療脱毛するメリット




■「I」「O」ラインがキャンペーン価格だったので
クリニックで脱毛できるというのは知っていましたが、カウンセリングを受けたら「I」「O」ラインの脱毛がキャンペーン価格だと言われてそのまま受けることにしました。
いざ施術という時には他人に身を任せる状況に面食らったものですが、ナースの方は淡々と事務的で、「あ、これが普通なのかな」と。
最終的にはほとんどI、Oラインの無駄毛がなくなったので、あのタイミングでなければ受けなかったと思いますし、結果としては受けてよかったです。
生理の時の気になるにおいがほとんどなくなりましたし、月々の不快感がずいぶん軽くなって助かっています。
私の経験からですが、もしこれから医療脱毛のクリニックを選ぶのであれば技術力や対応について評判を調べて行くことをおすすめします。
私の通ったクリニックでは打ちもれ判定が厳しかったので、そういった面での確認を事前にしておくべきなのだなと思いました。

施術したクリニック・湘南美容外科

■vio(ハイジニーナ)の医療脱毛でおしゃれの幅が広がった
vio(ハイジニーナ)の医療脱毛は痛みが強いと聞いていたのですが、どうしても憧れのドレスを着たくて契約しました。
ボディラインが出るタイプのデザインだったのでTバックを履く必要があり、私はデリケートゾーンが濃い体質だったので脱いだ時の見苦しさが耐え難かったのです。
彼に幻滅される可能性を考えると、そのままの状態ではだめだと思いました。
デリケートな部位ですし、人目にさらすのは苦痛でしたが、スタッフが全員女性だった点はよかったです。
痛みは表面麻酔を加算して乗り切りました。
痛みにもともと強い方だと麻酔も必要ないくらいだと聞きましたが、私は痛みに弱いので最初から表面麻酔をお願いしたのです。
なので、特に施術に伴う苦痛は記憶にありません。
vio(ハイジニーナ)ではビキニライン、IラインとOラインを脱毛します。
恥ずかしかったですが、成果は確実にあり、今ではTバックのビキニも普通に楽しめるようになりました。
比較的料金が安く収まったところもよかったです。

施術したクリニック・新宿クレアクリニック

■セルフケアでは手が届かないので
基本的に全身の無駄毛はセルフ派でしたが、どうしても安全に手が届かない部位がいくつか。
背中、うなじ、脇の下のくぼみ、Iライン、Oラインです。
ある程度までは工夫して自分でなんとかしていましたが、先日剃刀で失敗してしまい、大きなトラブルに発展する前に永久脱毛してしまおうと思うようになりました。
傷から膿みやすいので、感染症になってしまったら大変ですから。
クリニックでカウンセリングを受けるまでは部分脱毛で考えていましたけれども、料金について聞いてみたら全身のコースにした方がお得だったのでセットを選ぶことに。
分割払いでちょっと負担は大きくなりましたけれども、通い終えて今では毛を剃ったり抜いたりした後のちくちくとは無縁です。
無駄毛処理に費やした膨大な時間も必要なくなり、快適な毎日を送っています。
医療脱毛を選んでよかったな、と思っています。

施術したクリニック・渋谷美容外科クリニック


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします