Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2016/01/07

服に合わせてタイツもチェンジ! 今っぽくなるタイツの着こなしとは

この記事は約2分21秒で読めます
ファッションアイテムとして、防寒機能を持つタイツが欠かせない季節となりました。「とりあえず、生足でなければいい」などと言って、タイツ選びに気を抜いてはいませんか。ファッションに合わせたタイツを選ぶことで、全身のコーディネートがより素敵なものへと変化します。そこで今回は、この冬おすすめのタイツの着こなしをご紹介します。
Woman legs in stockings

マストアイテムは薄手の黒タイツ

多くの方が愛用している黒タイツですが、今年は30デニールの薄手のものを用意しましょう。ちょうどスッキングとタイツの間くらいの透け感が強いタイツを選ぶことで、流行のガウチョパンツや長めのボトムも野暮ったい印象にならずに着こなすことができます。また、春先まで使える万能なアイテムでもあります。
Blue knitted fabric textured background

より上品にみせるには杢グレー

単色ではなく、濃いグレーと薄いグレーの混ざり合いから成る「杢(もく)グレー」のタイツは、50〜60デニールのものを選ぶことで、膝がわずかに見えるくらいの透け感が上品な女性らしさを演出してくれます。この冬注目のホワイトコーデにも、杢グレーなら黒よりも優しく馴染みます。また、膝や足首など華奢な部分が透けることで、そこに視線を集めることができるため、脚全体のシルエットを綺麗に見せてくれる嬉しい効果も。
Fotolia_45111491_S_copyright

お手入れの仕方

洋服に合わせたタイツを選ぶことも大切ですが、伸びたタイツを履き続けていてはせっかくのおしゃれも台無しに。痛みやすいタイツをいい状態で履き続けるためには、お手入れにも工夫が必要です。そのため、タイツを洗う時は、伸びてしまわぬようにできる限り手洗いしましょう。その際、お湯で洗ってしまうと伸縮性を損なう恐れがあるので、水かぬるま湯で洗うことがポイントです。

また、干す時も重さで伸びてしまわぬように、水気をしっかり切ることがポイントです。もし、毎日手洗いは面倒だという場合は、必ずネットに入れた状態で洗濯機へ入れて柔軟剤を忘れずに使いましょう。
寒さ対策としてのタイツ選びも良いですが、ファッションに合わせたタイツをコーディネートすれば、より今年らしいこなれ感を演出できます。タイツ地の厚みを薄くすればより華やかに、厚くすればカジュアルになるので、シーンに合わせたタイツ選びをしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします