Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2015/12/22

おしゃれは環境作りから! 大掃除の際知っておきたいクローゼットの整理法

この記事は約2分24秒で読めます
年末もいよいよ目前、今年最後の週末には家の大掃除に取り掛かる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は今年1年のおしゃれを毎日支えてくれたクローゼットの整理法をご紹介。新年を気持ち良く迎えるためにも、これを機にクローゼットをスッキリさせましょう。
Fotolia_82477540_S_copyright

まずは隅々の掃除から

最初にすべきはクローゼットの掃除から。一見汚れるイメージがなさそうですが、実はとてもホコリがたまりやすい場所なのです。洋服や収納ケースなどクローゼットの中身を全て外に出したら、しっかりと隅までホコリを払い、水拭きをします。このときのポイントは水拭き後に完全に乾燥させること。湿気が残ったままだとカビや洋服に黄ばみを発生させる原因となってしまいます。
Beautiful girl thinking what to dress in walk-in closet

着ない衣類は思い切って処分

クローゼットを乾燥させている間にしておきたいのが衣類の仕分け。「好みが変わった」「トレンドじゃないから」「サイズが合わなかった」「ほかの服と合わなかった」などの理由で1年以上着ていなかった服は、思い切って処分するか売ってしまいましょう。処分するかどうしても迷う衣類は一旦小さくまとめておき、半年後の時点で着ていなければ処分してしまいましょう。
Rack of clothes with empty hangers. Close up on colorful pink and green felt hangers.

忙しい人は“吊るす”スタイルが◎

衣装ケースにしまう場合は洋服を四角く畳んで縦に並べることで、上に重ねて積むより取り出しやすく、シワができにくくなります。ただ、畳む収納は急いでいるときに服を探しにくかったり、取り出す際にぐちゃぐちゃになることも。日々忙しい人の場合、小物も含め、衣類は畳むよりハンガーや袋で吊るして整理することでクローゼットが使いやすくなります。
Colorful clothes hanging in wardrobe

カテゴリ別で並べて使いやすく

また、使いやすい環境にするには衣類をカテゴリ別に分けて整理することも大切。まずトップス、ボトムといった大きなカテゴリごとにわけ、次にそのなかでシャツ、ニットの種類ごとに区分。さらにそのなかの衣類を色順で並べることで、自分がどんな服をどれだけ持っているかが一目瞭然に。コーディネートも考えやすく、衣類も元に戻しやすくなります。
実はクローゼットのような身近な場所を最初にきれいにすることは、そのほかの場所を掃除する際のモチベーションアップにもつながります。来年もおしゃれをめいっぱい楽しむために、ぜひ今のうちに使いやすいクローゼットの環境を整えておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします