Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2015/12/09

もはや女性の身だしなみ!? 気になるVIOラインの脱毛事情

この記事は約2分56秒で読めます
ムダ毛処理を行う女性なら誰しも気になるであろうデリケートゾーンのアンダーヘアー。どちらかといえば水着を着用する夏を意識して脱毛を行うイメージがありますが、最近では身だしなみの一環としてVIOラインの脱毛を行う女性が増えています。そこで今回は、VIOライン脱毛について、新宿クレアクリニックの上浦典子先生に伺いました。
woman looking with a magnifying glass on her pubic hair

VIOライン脱毛とは

「VIOライン脱毛」(またはハイジニーナ脱毛)とは、Vライン、Iライン、Oラインからなるデリケートゾーン周辺のアンダーヘアーを処理すること。形を整えるための脱毛から、その部分のムダ毛全てを処理する脱毛まで、人によって処理の程度が異なる場所でもあります。

【Vライン】
別名ビキニライン。水着を着たときにムダ毛がはみ出さないよう手入れしますが、その際に処理するアンダーヘアーの両サイドを指します。

【Iライン】
Vラインより下、股関節の内側にある陰部の両サイドを指します。

【Oライン】
お尻の穴まわりを指します。比較的自己処理のしやすいVラインとは異なり、自分では処理のしにくい箇所でもあります。
woman shave her crotch

自己処理は極力避けるのが◎

VIOラインはデリケートゾーンであるため、刃物であるカミソリを使うような自己処理は極力避けた方が良いでしょう。特に陰部に近いIラインは雑菌が入ると炎症を起こしやすい箇所でもあります。また、Oラインの処理の難しさもあることから、VIOラインの脱毛は専門のクリニックでプロに任せるのがおすすめです。
上浦先生

VIOラインの脱毛を希望する理由は様々

−実際、クリニックに通う女性のうち、どれほど多くの人がVIOライン脱毛を希望されているのでしょうか。

「8割以上の患者様がVIOラインの脱毛を行っていますね。『どうせ全身脱毛するなら』と希望される方が多いです。希望される世代としては20代、30代の患者様が中心です。『水着を綺麗に着たい』『好きな下着を着たい』というのが主な理由ですが、なかには『出産のときに、看護師さんに剃毛処理されてしまうのが恥ずかしいから』という理由で脱毛を行う方もいらっしゃいます。

また、近年では高校生から脱毛を始める方も多く、当院で一番若い患者様だと10代半ばの方が行っています。逆に、白髪になってしまうとレーザーが反応しなくなるため、『白髪になる前に整えたい』と希望される40代、50代の患者様もいらっしゃいます」
info
協力:上浦典子先生(新宿クレアクリニック)
聖マリアンナ医科大学医学部卒業。聖マリアンナ医科大学病院に勤務した後、2012年4月より新宿クレアクリニック勤務。現在、新宿クレアクリニック渋谷院院長。
腕や脚などと同じように一般的になってきているVIOラインの脱毛。興味のある人は、ぜひ専門のクリニックでプロに相談してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします