Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2015/11/30

アトピーでも脱毛できる! 医療脱毛のメリット

アトピーでも脱毛できる! 医療脱毛のメリット


「自分はアトピーだから……」と脱毛を諦めてしまっていませんか? 「脱毛が肌にダメージを与えて自分のアトピーを悪化させてしまうかも」と考えてなかなか踏み込めないかたも多いのではないでしょうか?。しかし、アトピー肌の方でも安心して受けられる脱毛技術があります。
どのような脱毛法で、肌への安全性はどれほどなのか、詳しくご紹介します。


アトピー肌に適した脱毛法とは

アトピーの方におすすめできる脱毛法は、医療機関のみで受けられる「医療脱毛」となります。
レーザー照射による脱毛が主流で、2ヶ月に1回程度の施術で徐々にムダ毛を薄くしていきます。
では、医療脱毛が推奨できる理由を詳しく見ていきましょう。

アトピー肌に医療脱毛が推奨できる理由とは

アトピーでも脱毛できる! 医療脱毛のメリット

≪1.安全性の高さ≫
医療脱毛は、知識の豊富な医師や看護師によって行われます。医師による診断の後、脱毛の方向性が決められます。また万が一、肌に何かしらのトラブルがあったとしても、医師から適切な薬を戴けるため安心です。
エステではカウンセリングのみで、万が一トラブルが起きたときも薬を処方することがでいません。
やはり、医師の資格のあるクリニックで受けるほうがエステ脱毛より、安全性や信頼性が高いと言えるでしょう。
アトピー肌の相談もしやすく、正しい施術を受けることができます。

≪2.脱毛効果の高さ≫
医療脱毛では主にレーザーを使って脱毛を行います。
エステでは主に光脱毛が行われており、この違いは照射範囲と照射パワーにあります。
医療脱毛では、万が一でも迅速な対応が可能なため、強い出力で照射が可能ですが、エステではその対応ができないため、医療レーザー脱毛と比べて半分ほどに抑えられています。
医療レーザーでの脱毛とエステの光脱毛と比べると、個人差と脱毛箇所による差はあるものの約4~5回ほど少ない施術回数で脱毛できる点がメリットとなります。

≪3.肌への負担の少なさ≫
最近では、美容効果の高い施術法としてSSC(スムース・スキン・コントロールメソッド)と呼ばれる脱毛が話題になっています。
SSC脱毛は脱毛効果のあるビーンズジェルを施術部に塗り、光と組み合わせることで肌への負担を減らす脱毛方法です。しかし、これでも光照射することに変わりはなく、肌への負担はなくなったわけではありません。さらに、アトピーの薬などを服用している方はあらかじめ脱毛前に医師に診てもらうほうがよいでしょう。
その点医療脱毛では、レーザー光線をピンポイントで毛のメラニン色素に吸収させ、その熱で毛母細胞を破壊することで脱毛を行っています。
毛のみにダメージを与えるため、肌に負担をかけずに脱毛することができるのです。


≪4.アフターケアも万全≫
肌への負担が少ないとはいえ、レーザーの熱によって火照りやかゆみを感じることがあります。しかし、万が一脱毛によって肌トラブルが発生したとしても、医療機関であればすぐに薬の処方や治療を行えます。
アトピー肌のケアまでできる点が、医療脱毛のメリットと言えるでしょう。

≪5.自己処理を減らせる≫
アトピー肌にはカミソリの刃や脱毛クリームが刺激となるため、こまめな自己処理は難しいもの。
医療脱毛では、およそ4~8回の施術で、自己処理の回数を減らすことができます。医療脱毛をすることで、結果的にアトピー肌をいたわることができるでしょう。

アトピー肌の方が脱毛をする際の注意点

安全性の高い医療脱毛とは言え、アトピーで肌が荒れているときは施術をすることはできません。
また、必ず事前にアトピー肌であることを伝えておきましょう。カウンセリング時に伝えておくことで、それに対応した施術を行ってくれます。
信頼できるクリニックを選び、正しい脱毛でムダ毛ゼロの美肌を目指してくださいね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします