Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2015/09/22

朝や夜だけじゃない! 自分ケアに最適な「昼入浴」で贅沢な週末を

この記事は約2分29秒で読めます
お風呂に入る時間帯といえば、朝か夜が定番ですよね。しかし、朝はバタバタしていて浴槽につかる時間がなかったり、夜は家事に時間を取られたりと平日はゆっくり入浴することができていない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、そんな方におすすめの「昼入浴」についてご紹介します。
012aca3f-3641-44f1-9216-991ff4cdbe74

昼入浴の効果

入浴には、筋肉をほぐす「浮力効果」、血行を良くする「温熱効果」、むくみを改善し心肺の機能を高める「水圧効果」の3つの効果があるといわれています。もちろん、こうした効果は朝晩の入浴でも得ることはできますが、時間をかけてゆったりと入浴することのできる休日の昼入浴では、より高い効果を得ることができます。
Portrait of young woman relaxing in bathtub

やっぱり半身浴が◎

浴槽につかることが大切だとわかってはいるけれど、無理な入浴でのぼせてしまってはせっかくのバスタイムが台無しになってしまいます。そこで、おすすめなのが長時間の入浴でも身体への負担が少ない「半身浴」です。お湯の温度はぬるめの38度〜39度に設定し、みぞおちから下だけお湯につかりましょう。また、入浴前にはコップ一杯のお水を飲むことを忘れずに。
aroma relaxation

スパ気分を味わおう

スマホをお風呂に持ち込んで、SNSなどをチェックしていれば2〜30分なんてあっという間に過ぎてしまいます。しかし、休日の昼入浴は心も身体もじっくりケアできるチャンス。あえて浴室にはスマホを持ち込まず、リラックスしながら頭も休ませるようにしましょう。本格的なスクラブケアで肌を労った後、そのまま洗い流さずに入浴剤として楽しめるアイテムがおすすめです。
Fotolia_89957524_S_copyright

入浴後は水分補給をしっかりと

また、お風呂でたっぷり汗を流したら、水分補給は欠かせません。失われた水分を補い、血流をよくするために最適な飲み物は水ですが、それでは物足りない人や、より贅沢な気分を味わいたい方はジンジャースカッシュやグレープフルーツスカッシュなどの爽やかな炭酸飲料でリフレッシュを。流行のデトックスウォーターもお風呂上がりにぴったりのドリンクです。
せっかくの休日に家から出ないなんてもったいないと考えがちですが、たまには家でゆったりとした時間を過ごすことも大切。今回紹介したアイテムだけでなく、自分なりのお気に入りのお風呂のお供を見つけて、昼入浴で思う存分リラックスしてみてはいかがでしょうか。お疲れ気味の時はもちろん、急に予定がなくなってしまった日にもぴったりな過ごし方です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします