Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2015/09/04

料理を観て味わう秋恒例イベント「第6回東京ごはん映画祭」開催

この記事は約2分33秒で読めます
ファッションもアートも良いけれど、秋といえば旬の味覚が気になる季節。そんななか、料理を食べるのではなく、観て楽しむ映画イベント「第6回東京ごはん映画祭」が10月31日(土)〜11月13日(金)に開催されます。今回は今や秋の風物詩ともなったこの人気イベントについてご紹介します。
スクリーンショット

「東京ごはん映画祭」とは

“食でつながる人と人を描いた映画”や“ごはんが印象的な映画”をテーマに、開催期間中は話題の新作や日本未公開のドキュメンタリー作品、アニメーション作品など、国内外を問わず厳選された作品が上映されます。日本の食文化が持つ伝統と、東京のフードカルチャーの旬。一見相反する二つを融合させることで生まれる新たな価値観を、映画を通して伝える、映画好きもご飯好きも集まる秋恒例の一大イベントです。
ごはん

出典:https://www.facebook.com/TokyoFoodLovers/photos_stream

好評の「レストラン上映会」

東京ごはん映画祭の醍醐味であり毎年人気の企画となっているのが、「レストラン上映会」。映画館上映と異なり文字通りレストランで作品を上映するため、実際に食事をしながら映画を楽しむことができます。昨年大盛況となった目黒「BEARD」を始め、南青山「OVE」、南青山「stopover tokyo」といった人気レストランの参加が既に決定しているなど、今年も大きな話題になること間違いなし。
ご飯映画祭会場

出典:https://www.facebook.com/TokyoFoodLovers/photos_stream

アジア最速プレミア上映も

さっそく“おいしい映画”第一弾として上映が発表されたのは、以下の8作品。

「FINDING GASTON(原題)」(日本未公開)
「麦秋」(1951)
「フライド・グリーン・トマト」(1992)
「くもりときどきミートボール」(2009)
「朝食、昼食、そして夕食」(2013)
「大統領の料理人」(2013)
「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」(2015)
「深夜食堂」(2015)

今後もさらなる上映作品が発表されるほか、世界の美食家が注目するスペインの国際映画祭「サン・セバスチャン映画祭」のキュリナリー・シネマ部門で「最優秀作品賞(TOKYO GOHAN AWARD)」を受賞した作品がアジア最速でプレミア上映される予定。
info
第6回東京ごはん映画祭
日程:2015年10月31日(土)~11月13日(金)
場所:シアター・イメージフォーラム、都内レストラン各所
今年もさらなる話題を集めそうな「第6回東京ごはん映画祭」。みなさんも、食欲の秋をいつもと違った視点で楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします