Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2015/01/21

スニーカーブームに続け!次の流行はぺたんこ靴

こんにちは。ライターのNatsumiです。


2014年は、アディダスのスタンスミス復刻、リックオウエンスなどのアパレルブランドとのコラボスニーカーの発表、ニューバランスの再燃、ナイキ、リーボック、コンバース、オニツカタイガーなどなど……多くのスニーカーブランドに注目が集まったスニーカーイヤーでした。

スタンスミス復刻!

スタンスミス復刻!

ファッション誌の常連となったニューバランス

ファッション誌の常連となったニューバランス


まだまだスニーカーブームの熱は続きそうなのですが、みなさん次はいったい何が来るのかご存じでしょうか?

スニーカーブームの次はこれ!


実は、密かにネクストブレイクを狙っているのは”フラットバレリーナシューズ”だといわれています。いわゆるぺたんこ靴です。

私事ですが、普段はほっっとんどヒールを履きません! 理由は、ぺたんこの方が歩きやすい。というのはもちろんのこと、ぺたんこ靴の方が私の美的感覚にはあっているようで、かわいく、魅力的に見えてしまうのです。
ファッションウィーク(展示会・コレクション・イベントなど)に参加する際や、フォーマルな席ではヒールを履いて大人な女性(デキる女感)を演出したいなとも思うので、よく“ヒール探しの旅”という名のショッピングに出かけています。しかし、せっかくヒール目当てで街に繰り出しても、目につくのはフラットシューズばかり……もう、ねっからのぺたんこシューズファンなのです。

でも、私はぺたんこホリック女子が私以外にもいる事をしっている!

ぺたんこ靴って、主張が強すぎないからいろんな系統の服に合わせやすいんですよね。ぺたぺた歩く感じが可愛らしいし、スポーティにもカジュアルにもきちんとしたいときも使えるオールラウンダー。
まだフラットシューズの魅力に気付いていないヒール女子や、今時スニーカー女子たちにもぜひフラットバレエシューズの魅力を知っていただこうと思います。

フラットバレリーナシューズと言えば ”repettp”


レペットは今や”バレエシューズ”の代名詞。その始まりはパリにあるクラシックバレエの専門店。
ある日、ブリジットバルトーが、バレエシューズの様に履き心地の良い真っ赤なタウン用フラットシューズをオーダーし、映画で着用したことから今のレペットのスタイルがつくられていきました。ブリジットバルトーの名前から付けられた「BB(べべ)」という名前のシリーズをはじめ、レペットにはカワイイ名前のラインナップがずらっとそろっています。シンデレラやジゼルなんて、乙女心をくすぐるネーミングですよね!

カラーもデザインもバリエーション豊富


シンプルなデザインでありながら、色や布の切り替え、ソールの種類や、甲の部分が浅いもの深いものなど、様々なバリエーションを展開。その充実したラインナップがずらっと陳列されているととてもかわいくて、たくさん集めたくなってしまうファンの気持ちもうなずけます。

reppet1repett2repwtt3repett4
ずらり

ずらり



「レペットを履いたら他のは履けない!!」
と宣言してもよいほど、とにかく履き心地がいいのが特徴です。締め付け感がないから長時間履いてもストレスフリーに過ごせます!
そして、ひとつひとつ職人さんが丁寧に手作りしているため同じサイズでも履き心地に違いがあるようなので、たくさん試着してから自分に合うものを選びましょう! そしたらまるでオーダーメイドのように自分の足にぴったりな靴が手に入るはず。
どうしてそんなに履き心地がいいのか?それは、縫製の仕方に秘密があります。

裏返しで縫い合わせた後くるっとひっくり返すため、縫い目がないのが最大の特徴です。これは、バレエのシューズと同じ製法。嘘みたいな履き心地の裏にはこんな職人の技が隠れていたのですね。



レペットはとてもデリケートな靴なので耐久性に関しては正直△。
連続して何日も履かず、休ませてあげながらワードローブに組み込んであげたい一足です。

“ぺたんこ靴女子”=“本命女子”!?


たとえば今までスニーカーを合わせていたカジュアルスタイル。ヒールを履いていたきれいめお姉さんスタイル。どちらも足下をフラットバレエシューズに変えるだけで、品があるけど決めすぎない、抜け感のある”大人かわいい”スタイルにシフト出来ます。

ちなみに知人男性に聞いてみたところ、
『勝手なイメージだけどヒール女子よりぺたんこ靴女子の方がかわいい子多い気がする』
というなんの根拠もない仮説が浮上しました。

確かに、言われてみるとヒールを履いてコツコツ歩くきれいなお姉さんよりは親しみやすいし、せっかくのヒールなのに膝が曲がってしまっている残念な女子より素敵に見える。それに、ヒールよりも身長が低くなるため、なんだか守ってあげたくなりそうな気がしなくもない……そう考えてみるとぺたんこ靴女子は本命女子への近道なのかもしれないですね。


[ライター/Natsumi

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします