Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2014/12/27

ついに決着か……!?コンビニチーズケーキNo.1決定戦

クリスマスが終わった途端にやってくるこの年末感はなんでしょう……
みなさん、クリスマスは楽しく過ごせましたか?

こんにちは。この世に存在するチーズケーキという存在を愛してやまない、自称「チーズケーキニスト」の金澤です。

今回は、そんなわたしがコンビニ各社のチーズケーキを食べ比べ、独断と偏見による『コンビニチーズケーキNo.1』を決めてしまおうと思います。

今回エントリーしたのは

  • 青い彗星「ローソン」
  • 独自性に定評のある「ファミリーマート」
  • コンビニ王者「セブンイレブン」
  • すぐそこ「サンクス」

  • 以上の4社。
    どこのコンビニも、プライベートブランド(以下、PB)によるスイーツ開発が並々ならぬ進化を遂げている……と、巷で噂になっています。

    ではさっそく、“コンビニチーズケーキランキング”を発表していきます!

    第4位……ファミリーマート!


    年間200種類ものスイーツを生み出す「Sweets+」というPBから、チーズケーキの他にも様々なスイーツを展開。
    特に種類の多さは群を抜いており、季節のフルーツを使った商品の多さが特徴。定番のショートケーキなども頻繁に改良を重ねており、日々その美味しさは増しています。

    チーズ極まるベイクドチーズケーキ(税込145円) プレミアムWチーズケーキ(税込258円)

    チーズ極まるベイクドチーズケーキ(税込145円) プレミアムWチーズケーキ(税込258円)



    ベイクドチーズケーキは、値段とその大きさに注目。焼いてあるにも関わらず、しっとり&クリーミーで食べ応えがあります。
    Wチーズケーキは、3層になっているので、一度で3つの味が楽しめます。柔らかめのクリームで構成されているので、スプーンでクリームをすくって食べるイメージです。しかし、真ん中の層はかなり生クリームに近く、少しチーズっぽさに欠けるような気がします。

    第3位……サンクス!


    あまり知られていないかもしれませんが、コンビニスイーツの中でも商品レベルの高さに定評があるのは、サンクスの独自ブランド「Cherie Dolce」なんです。
    サンクスは「いつでも、上質なスイーツを。」をキャッチコピーに、見た目も美しいケーキをお手頃価格で販売しています。

    チーズケーキ(税込108円) ベイクドチーズケーキ(税込108円) ラム酒香るレーズンチーズケーキ(税込123円) あまおう苺のチーズケーキ(税込123円)

    チーズケーキ(税込108円)
    ベイクドチーズケーキ(税込108円)
    ラム酒香るレーズンチーズケーキ(税込123円)
    あまおう苺のチーズケーキ(税込123円)


    なるほど、並べてみても美しい……!
    通常のチーズケーキ2種の他に、ラム酒と苺のチーズケーキも。
    どれも、手軽につまめるスティックタイプとなっています。
    チーズケーキ・ベイクドチーズケーキ共にシンプルで飽きの来ないおいしさ。
    しかし、食べ比べてみるとあまり違いがないのは気のせいでしょうか……?

    ラム酒のチーズケーキはレーズンとチーズの配分がばっちり!
    苺の方は……チーズ感があまりなく残念。苺好きの方にはおススメだと思います。

    第2位……王道セブンイレブン!


    印象として、あまりスイーツにはこだわりがなさそうだなあ(失礼ですが……)と思っていました。
    全体的に種類は少なめでパッケージも至って普通。しかし、セブンイレブンの「チーズケーキ」は「フロマージュ」という名称で販売されています。
    王道ではなく、小洒落たネーミングで攻めてくるあたり、さすがです。
    (フロマージュとはフランス語で「チーズ」という意味)

    ハッピーフロマージュ(税込280円)

    ハッピーフロマージュ(税込280円)


    通常、フロマージュとして販売しているものに生クリームを乗せた期間限定商品!
    お味は、ぎゅっときめの細かい生地と土台のサクサク感がたまりません!
    上に乗った生クリームが特別感を出している……? と思いきや少し脂っぽさがあり、蛇足な気もしますね。
    通常のフロマージュは、生クリームがなくチーズケーキ自体がさっぱりとしているので、よりチーズケーキ感を楽しみたい方にはオススメです!

    ちなみに……


    セブンイレブンと言えば、今話題となっているのがこちら。

    「濃厚くちどけのガトーショコラ」(税込267円)

    「濃厚くちどけのガトーショコラ」(税込267円)


    コンビニスイーツとは思えないクオリティは、まるでケーキ屋さんのガトーショコラのようです。
    クーベルチュールチョコレートをふんだんに使い、生チョコのようにねっとりした仕上がりで、リピーター続出の問題作。
    オーブンで温めるとさらに進化したガトーショコラになるとか……?


    チョコつながりでもう一つご紹介するのは、最近発売された女子悶絶の問題作です。
    チーズケーキ専門店でお馴染みの「PABLO」×ファミリーマート「Sweets+」から、
    「チョコチーズタルト」(税込198円)なるものが発売になっています。

    「チョコチーズタルト」(税込198円)

    「チョコチーズタルト」(税込198円)


    若い女性で名前を知らない人はいないのではないかと思われるほど人気急上昇中のPABLO。
    店舗販売されているチーズケーキも良いのですが、こちらはコンビニで手軽に、しかも値段もお手頃に設定されています。
    「でも、どうせコンビニ用なんでしょう……?」と侮るなかれ!
    周りのタルト生地はサックサク! 中は、濃厚なチョコソースとチョコチーズがぎっしり詰まっており、女子のツボを捉えまくり。
    コンビニスイーツでも店舗クオリティに負けない商品を出すとは……PABLOさん、さすがです!


    栄えある第一位に輝いたのは…………ローソン!!


    コンビニスイーツの先駆け「Uchi Cafe」はもはやローソンの看板ブランド。
    スイーツに注ぐ熱も他とは目を見張るものがありますね……
    そんなローソンのチーズケーキはこちら。

    プチチーズスフレ(税込295円) ぎゅっとクリームチーズ(税込134円)

    プチチーズスフレ(税込295円)
    ぎゅっとクリームチーズ(税込134円)


    まず、スフレ。
    ふわふわのほっぺのような見た目で、触感もふわふわ。中はしっとり系でこれまた女子の心をわしづかみ間違いなしですね!
    そして、小さなサイズの“ぎゅっとクリームチーズ”。
    一口食べた瞬間、これまで食べてきたチーズケーキとは別格の何かを感じました……
    名前の通り、クリームチーズなのですが下のサクサクした土台のしょっぱさとチーズが最高の組み合わせ。

    コンビニチーズケーキの最高峰

    コンビニチーズケーキの最高峰


    これはまさにチーズケーキ界に投げ込まれた“小さな爆弾”
    値段、サイズ、共に申し分なくコンビニの手軽さをいちばん表現したチーズケーキでした。

    まとめ

    感想としては「いや~、自分よく食べたな」といった感じ。

    今回は、わたしの完全なる独断のみでランキングしましたが、もちろんどのチーズケーキも美味しかったことに間違いはありません。
    そして、それぞれにチーズの良さを引出していたりうまくほかの味と融合させていたり……結局は個人の好みによると思うので、みなさん好みのチーズケーキをぜひとも見つけて欲しいと思います!

    コンビニに寄るとつい手が伸びてしまうスイーツ。これからもコンビニスイーツたちは改良されその美味しさを増し、わたしたちの心を掴んで離さないでしょう。チーズケーキを愛してやまないチーズケーキニストによる、コンビニチーズケーキ決定戦。今回エントリーしていないコンビニもあることから、この戦い、まだまだ、終わりは見えなさそうですね~

    [ライター/金澤李花子]

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Lampの最新情報をお届けします