Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp
Lamp 大人女子のための2分で読めるウェブマガジンLamp

2014/12/05

マクドナルドとじゃがビー 実際どのように違うのかくらべてみた

いまや全国どこにだってある「コンビニ」。
小腹が空いたとき、急にボールペンが必要になったとき、洗剤が足りなくなってしまったとき……。いつだって「コンビニ」はわたしたちを助けてくれます。

そんなコンビニでは、常時2,000種類以上の商品が陳列されています。
このコーナーではそんなコンビニアイテムを独自の目線でご紹介していきます。

ご紹介


記念すべき第一回目は、「Jagabee」をご紹介致します。

_DSC0913

「Jagabee」は、カルビーから販売されているスナック菓子です。じゃがいもを皮付きのままスティック状にスライスし、カルビー独自の製法によりじゃがいもに近い風味が楽しめる人気のお菓子です。じゃがいも×カルビーで、「じゃがビー」な訳ですね。

そのじゃがビーですが、形状も味もあのフライドポテトにそっくり。
そう、みんな大好き、マクドナルドのフライドポテトです。

_DSC0917

ということで、皆さんも気になっていたであろう(気になってない人も気になって下さい)
ジャガビーとマクドナルドのフライドポテトは、一体なにがどのように異なるものなのか考察してみました!

【匂い】


じゃがビーの場合

_DSC0914

ほんのりじゃがいもの匂いがします。ただ、ポテトチップスの匂いとそう変わりは無いかもしれません。

マクドナルドの場合

_DSC0920

「土曜日の学校が終わった後、家に帰ると両親が買い物から帰って来ている。テーブルにはマクドナルドのハッピーセットが」
ってな感じを思い出させてくれるような、あの匂い。まさに「マックの匂い」
とはいえ、いくら想い出に浸りたくても電車や会議室などの大勢の人がいる前で食べるのは止めましょう。
調子に乗ってやってはいけないことです。

【キャラクター】


じゃがビーの場合

_DSC0945

じゃがいもの妖精、「ポッタ」くんです。

・年齢不詳だけど、人間だと14歳くらい。
・大地に寝転がって昼寝するのと、友達作りが好きで、争い事と、曇りの日の昼寝が嫌い。雨の日は意外と好き。
・緑を甦らせる不思議な力を持つ、伝説の「虹のじゃがいも」を探して世界を緑で包むのが夢。

このプロフィールを見るだけでは、ちょっとよく分かりませんが、不思議な力で世界をじゃがいもまみれにしてやろうという魂胆がちらっと見えたの私だけではないはずです。

マクドナルドの場合

_DSC0941

さて、マクドナルドを見てみましょう。
誰しも知っている、世界的有名キャラクター「ドナルド」さんですね。
知名度・人気度・恐怖度は前述の「ポッタ」くんを抜きん出ております。

ここでドナルドさんの詳細が分かる動画を見てみましょう。



そういえばよく見ると、「ポッタ」くんも「ドナルド」さんも、ゴミのリサイクル運動には積極的な一面を見せています。
これはジャガイモにまつわるキャラクターにありがちなことなのでしょうか。

【味】


さて、今まで至極どうでも良いことをご紹介してきましたが、ここからは肝心の味を比べていきます。

じゃがビーの場合

_DSC0921

あれ? これってじゃがいも? って思うくらい、じゃがいもの味がします。
食べたことあるかたはご理解して頂けるかもしれませんが、マジでじゃがいも。
皮付きのまま加工してある通り、風味も損なわれておりません。素晴らしい出来!

マクドナルドの場合

_DSC0924

ああ、懐かしいフライドポテト。
正直言うと、数年ぶりに食べました。
実際、色んなお店でフライドポテトという商品は出ておりますが、脳裏に焼き付いているフライドポテトはやっぱりこの味。
とはいえ、じゃがビーの「じゃがいもの味」に比べると、「フライドポテトの味」という感じがします。
指に付いた塩を舐めるのも、マクドナルドのポテトならでは。

【ケチャップとの相性】


ポテトと言えば、ケチャップですよね。
フライドポテトには相性抜群というのは周知の事実ですが、果たしてじゃがビーとはいかがな相性なのでしょうか?

じゃがビーの場合

_DSC0932

ん? じゃがいもの風味が消えた……。
じゃがビーはじゃがいもの風味を活かすため、あえて味付けをしょっぱくしておりません。(筆者の考え)
そこにケチャップを加えると、ケチャップの味が前面に出過ぎて元々のじゃがビーの味が損なわれてしまんです。
もちろん美味しいは美味しいのですが、あえてケチャップを用意して付けるものではないのかなと感じました。

マクドナルドの場合

_DSC0931

うん。この味。
そうですね、フライドポテトはケチャップと相性抜群。再確認致しました。
下の方に隠れている、しなしなになったポテトをケチャップに付けるのもまた良いんですよね……!

【結論】

じゃがいもを食べたかったらじゃがビー。フライドポテトを食べたかったらマクドナルド。

見た目はそっくりの2商品ですが、実際味を比べてみるとこんなに異なることが分かりました。
もちろん、じゃがビーもマクドナルドもどちらも美味しい味。
皆さんもコンビニ商品の食べ比べをしてみると、新しい発見があるかもしれませんよ?

※注 女子のみなさんは、摂取するカロリーにご注意下さい。
(じゃがビー:230カロリー フライドポテトSサイズ249カロリー)

<ライター/長橋諒>




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lampの最新情報をお届けします